セキュリティソフトインストール時の競合チェック

「動作がとても遅い」という症状で診断したWindows10ノートパソコン。タスクマネージャを見るとディスク使用率がずっと100%のまま張り付いています。

まず気がついたのはセキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)の競合でした。このパソコンにはもともとNTT東日本の「ウイルスクリア」がインストールされていましたが、数日前に「ノートン セキュリティ」の体験版がインストールされています。そのためまずノートンをアンインストールし、いくつかの詐欺ソフトや不要なソフトを削除することで、通常使用できる状態までに復旧しました。

最近のセキュリティソフトはインストール時に競合するソフトのチェックを自動で行うので、競合トラブルは少なくなっていると考えていました。しかし今回診断したパソコンでは実際に起きていましたので、メジャーなセキュリティソフトでも競合ソフトのチェックを行わないものがまだあることに気が付かされました。

そこで6つのセキュリティソフトの体験版(最新版)で、インストール時に競合チェックが行われるかどうか試してみました。

環境1.「ESET Internet Security V11.1 」がインストールされているパソコンに、下記3ソフトをインストール。
1.「ノートン セキュリティ デラックス」
2.「マカフィー リブセーフ」
3.「ウイルスバスター クラウド」

チェックを行いインストールが停止したのは「ウイルスバスター クラウド」のみで「ノートン セキュリティ デラックス」と「マカフィー リブセーフ」はインストールされてしまいました。

ウイルスバスタークラウドインストール時の競合チェック

環境2.「マカフィー リブセーフ体験版」がインストールされているパソコンに、下記3ソフトをインストール。

1.「ESET Internet Security」
2.「カスペルスキー セキュリティ」
3.「ZERO スーパーセキュリティ」

この3つのソフトはすべて競合チェックが行われ、インストールは一時停止し、競合ソフトのアンインストール(この場合はマカフィー リブセーフ)を促す画面が表示されました。

ESETインストール時の競合チェック

カスペルスキーインストール時の競合チェック

ZERO スーパーセキュリティインストール時の競合チェック

Androidの端末保護機能(Device Protection)にはご注意を

Lenovo YOGA Tab 3 10タブレット(LTE SIMフリーモデル OCNモバイルONEで設定済み)をAndroid 5.1からAndroid 6.0にアップグレードした時のこと。
Googleアカウントのパスワードが不明だったため、アップグレード前にパスワードを再設定(変更)しました。
ここが問題だったようです。

このアップグレードは、端末のリセット(初期化)を伴いました。そのため、Android5.1で追加された「端末保護機能(Device Protection)」が働いたようで、まずはアップグレード前に使用していたGoogleアカウントでログインしないと一切何もできません。
(リセット前のこの端末の画面ロックは「スワイプ」で、パターンやPINではありませんでしたが)。

しかし、このログイン画面でアカウントとパスワードを入力しても、次のようなメッセージが数秒表示されて、どうしてもログインできません。
「unable to sign in to device due to a recent password change.please try to sign in again 24 hours after the password change performed」
Google翻訳で訳せば「最近のパスワード変更のためにデバイスにログインできません。パスワード変更が行われてから24時間後にもう一度サインインしてください」ということ・・・。

こうなるとその指示に従い、24時間後にやってみるしかないようです。

こちらに記載がありました。「端末の保護」(Google Nexusヘルプ)

なお、このGoogleアカウントログイン画面の前に、Wi-Fiの選択画面が出てきます。これはスキップはできませんでした。ということはSIMフリーモデルであってもWi-Fi環境がないと設定できないということになります。

24時間後に試してみると無事ログインでき、アップグレードが完了しました。ただし各種設定は初期化されてしまうので、SIMのAPNなども再設定が必要でした。

ということで、Googleアカウントのパスワードを再設定した場合は、端末リセットまたはそれを伴うアップグレード作業などは24時間待って行うようにしましょう。

Macのシステム言語変更と「Office2016 for Mac」の言語は、何もしなくても連動する

まあ、タイトルの通りなんですが・・・。

Macを多言語で使われるお客様に「Microsoft Office2016 for Mac」をインストールする機会がありました。MacもOfficeも元は日本語版です。Macのシステム言語を変更すると、「Office2016 for Mac」の言語も、システム言語と同じ言語に自動で切り替わりました。Windowsのように、言語パックを別途ダウンロードする必要はないようです。

マイクロソフト公式サイトにも解説がありました。

システムの言語を変更して Office 2016 for Mac プログラムの言語を変更する

「Parallels Desktop 12 for Mac」を使いWindows10(Creators Update)もインストールしましたが、SSD搭載のMac(MacBook Pro 2016)でしたので、起動も速くスムーズに動きました。

Parallels_Desktop_Windows10